cocoloのSDGsへの取り組み

SDGsとは

SDGsとは「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals)」のことで、2015年9月の国連サミットで採択された2030年までの国際目標です。
「地球上の誰一人として取り残さない」という誓いのもと、人間、地球及び繁栄への行動計画として「貧困」、「健康と福祉」など17の目標と169のターゲットで構成されています。
SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサルなものであり、日本でも積極的に取り組まれています。

「cocolo」は、このSDGsの意義に賛同し、「持続可能な世界の実現」へ向け、地域に根を張り、地域での介護にまっすぐに取り組み、皆様の笑顔が私たちの誇りとなるよう、「明るく、温かいサービス」を提供し続けてまいります。

SDGs

「cocolo」におけるSDGsへの取り組み

  • ご利用者ひとり一人の人権が尊重されるよう、その方のこれまでの生活スタイルを重視し、生活をサポートします。
  • 身体拘束などご利用者の尊厳を否定する行為は一切行わず、利用者の既往歴の有無や経済的な理由でサービス提供を制限することもありません。
  • 介護保険法の下、広く平等にご利用者にサービスの機会を設けます。
  • 食が細くなりがちなご利用者に対して、季節感や地域性を重視したメニューを提案し盛り込みます。
  • 食の楽しみを再認識して頂くために、スタッフ間での情報共有をおこないます。
  • 定期的にミーティングを重ね、ご利用者の喫食状況に合わせた形態での食事や、提供・配膳方法、調理方法の見直しなどを行っていきます。
  • 「cocolo」では、ご利用者がこれまでの生活を住み慣れた地域で継続できる支援を行うことをコンセプトに事業を展開しています。「実現したい生活」を目標にプランニングを行います。
  • 他職種、他事業所との連携を図ることで、ご利用者のより良い生活の実現を常に考えています。
  • 常に地域住民の皆様とのかかわりを深め、地域の課題やニーズに対応できるような協同を目指しています。
  • 職員に対する健康管理・増進のため、インフルエンザ予防接種の無料実施、感染拡大予防のためのアルコール消毒液の配布などに加え、毎年定期健康診断をすべての職員に実施しています。
  • 事業所の職員にはテーマ毎の研修会を開催し、自身のスキルアップに繋げています。また、法人全体では地域主催講習会、業界団体講習会などへの積極的参加をおこないます。
  • 研修会は時間の許す限り、正社員、非正社員の区別なく広く参加を促しています。欠席者には資料を渡し、職員全体のスキルアップに努めています。
  • 毎年、市内の中学生の職業人体験学習を受け入れ、介護に興味のある生徒が早い段階からプロとしての仕事に携わることができる機会を設けています。
  • 女性管理職を積極的に登用しています。
  • ワークライフバランスを重視し、結婚・出産後も全ての職員が安心して仕事に取り組めるよう、雇用形態等について柔軟に相談することができます。
  • 定年後の雇用継続制度を整え、シニアが活躍できる場を提供しています。
  • 資格取得支援制度を創設し、職員自身のスキルアップ、ステップアップに繋がるような応援体制を充足させています。介護業界の上級資格である「介護福祉士」「介護支援専門員」の資格取得を奨励し、職員個々のキャリアプランを共に考えています。
  • 社内会議はリモート環境で行い、参加者がリアルタイムで協議できる環境を整えています。
  • 各個人へタブレットを配布し、ペーパーレス化を推進しています。
  • モバイル端末を活用したグループネットワークによる情報の共有を行っています。
  • 事務用品など、簡素化できる備品はリサイクル用品を活用し、複数の事業所の帳票を一元管理するなど効率化を図っています。

パートナー企業

カイポケ
Talknote
楽シャン君 by AKiREY.com
ASIA TRADING
PAGE TOP